Download 晋三よ! 国滅ぼしたもうことなかれ ~ 傘張り浪人決起する~ ePub/PDF/Kindle books

右でも左でもない。俺は「土俗」の政治をする!
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ついにあの男が吼えた!
衝撃の内容! 驚愕の真実!
かつて、こんな政治家の本があっただろうか! !
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
集団的自衛権、アベノミクス、増税、原発再稼働、TPP
暴走する「悪しき権力」を永田町の「悪党」が叩き斬る!
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
Too Lateとなる前に日本人よ、奮い立ってくれ!
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
「もうあかん。弟のように思ってきた男だけれど、このまま逆の方向に突っ走らせるわけにはいかねえと発憤。俺も、いつまでも長屋で傘張り浪人をやってるわけにはいかないと老骨にむち打ち、「日本を滅ぼさせまいぞ! さあサビた槍を磨け! 」ということになった――。(「はじめに」より抜粋)」
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
【本書内容/特におすすめは◎】
第1章 日本を破壊する晋三政権
■アベノミクスは絵空事だ
◎所信表明演説から消えたアベノミクス
◎晋三に忠告した、博打場となった株式市場
株価が上がれば景気がよくなるというのは嘘
今の日本では円安はマイナス要因だ
◎アベノミクスは日本を叩き売っている
◎黒田の馬鹿たれは欲求不満を爆発させている
2本目の矢も結局空振っている
◎ドブに向かって跳ぶ矢もある
■晋三を操る新自由主義者どもの大罪
◎真空地帯にすーっと入ってきた竹中平蔵
やつらの規制緩和で日本はガタガタ
◎新自由主義政策で産業の空洞化が進む
◎政権に入り込んだ経済学者や経済人
働く人の懐から掠め取った恥ずべき利益
お互いが助け合う「家族的経営」は過去のもの
◎いかがわしい格付会社は日本が指弾せよ
■弱い者いじめの税制・年金・社会保障
◎大儲けの企業からは取らずに庶民から取る
借金返済も納税もしない日本の大銀行
弱い者いじめを批判しないマスコミたち
◎格差社会が行き着く先はテロ社会か
◎純ちゃんの代わりに厚生大臣になっておけばよかった
◎社会保障に明るいはずの晋三だが
■見えてこない地方再生のゆくえ
家があっても人が住んでいない俺の田舎
霞が関の机の上で計画を練ってもダメ
◎役人に都合よくつくられた数字に騙されるな
◎菅にも叱った「霞が関の活力をそぐ官邸主導」
■白血球 測る晩夏の 乾きかな
◎脱原発は子供だってわかる理屈
同情の余地ある菅総理の原発事故対応
◎カネが支配する原発依存症に蝕まれた国と自治体
■ますますアメリカの言いなりになる集団的自衛権
◎晋三の言う「積極的平和主義」の危険性
◎アメリカの世界戦略とどう付き合うか
◎アメリカに対しては少々生意気くらいでいい
◎真価が問われている公明党
◎とんでもないことになる集団的自衛権の落とし穴
■新自由主義がはびこる今のアメリカ
◎アメリカの民主主義と日本の民主主義は違う
◎戦争も景気刺激策と考える巨大な勢力
◎小学校3年生のときに迎えた敗戦のショック
◎アメリカの自由にはさせないと啖呵を切ったが
◎外交は相手の力を利用して制す合気道の極意で
■純ちゃんの改革を総括する
◎「政治の従米化」「マスコミの洗脳」「国民の劣化」
選挙での敵方を守った郵政選挙
結果は「働けど働けど我が暮らしよくならず」
◎紙に書いた約束もあっさり反故にした純ちゃん

第2章 我が反骨と抵抗の半生記
■生まれたときから「抵抗勢力」
格は高いが貧乏農家だった実家
「赤い学生がおる。首にしろ」と言われ放校処分
◎人生の恩人、都立大泉高校の両角校長先生
■右か左かわからん男と呼ばれて
◎左翼の同窓のためにハンガーストライキ
◎弱すぎる警察を立て直すため警察官に
通産省官房長との面接で椅子を蹴る
■嵐を呼ぶ警察官時代
◎自治省のおごりでピンサロ三昧
◎捜査二課長の俺が現行犯逮捕される
◎後藤田正晴長官の虎の尾を踏んだ埼玉県警時代
◎浅間山荘事件は俺の失敗
我が友はゴキブリだけのつらい日々
■社会のゴミをなくすために国会を目指す
誰にも相談しないで出馬を決意
◎四面楚歌から奇跡の当選
◎晋三の親父さんから「帰ってこい」と言われ
■自社さ連立政権樹立に奔走ス
◎夜陰に乗じて殿の首を取る
兄貴の県知事選出馬で大ハプニング
細川連立政権を瓦解させた野坂さんとの友情
◎一夜で消えた幻の自・社・さ・民社リベラル政権構想
◎社会党左派を落としてくれた朝日新聞の論説主幹
◎河野洋平総裁をすっ飛ばして大成功
中曽根御大の反対スピーチが追い風に
■政権内でも暴れまくり
◎今でもスチュワーデスに礼を言われる俺
◎制裁匂わす米国からシカゴ路線のおまけ取る
◎麻雀やりながら決まった総裁選での橋龍担ぎ
◎女房に軽蔑された建設大臣就任
◎社会部長の晋三が泣き付いてきた介護保険法
閣内不一致。総理の橋龍と正反対の答弁をする
■怖いものなしの自民党政調会長
◎俺は事業部長でおまえたち大蔵省は経理係だ
◎ハワイでゴルフしながら2兆8000億の財源確保
人の一生に等級を付ける勲章を廃止する
◎自然な流れで決まった「森デブ首相」
◎変人・小泉 vs 変人・亀井の激突
■疾風怒濤の国民新党時代
◎自殺も覚悟した結党前夜の打ち合わせ
◎小沢一郎から「ちょっと会ってくれ」と突然電話が
◎金融庁も腰を抜かした驚天動地のモラトリアム法案
役人がつくった想定問答はいらない
自衛隊全軍をすぐ福島に派遣しろ!
至誠一貫、さらば国民新党
◎サボテンに命を救われ九死に一生

第3章 日本を取り戻す戦いに、いざ!
■真の敵は外来種の新自由主義
◎人類は文明から大反逆を受けている
人々の幸福や生命までも奪われていく
◎日本人よ、洗脳から目を覚まして立ち上がれ
■外来種の思想ではなく土俗の政治が日本を救う
◎靖国神社を考えると日本の問題が見えてくる
外来の借り物思想や言葉でつくられた戦後政治
◎俺は日本土俗の思想と言葉で戦うぜ
■地方再生は農漁業がカギ
◎日本人の根っこは農漁村にあるんだ
米や麦は国が買い取り農業を守れ
狙われた農協と農業潰しの背景にある意図
■今すぐできる地域再生のアイデア
◎地方の中小零細企業にも届くように直接資金の投入
高齢化社会の日本で福祉への投資は一石二鳥の効果
スーパーゼネコンを通さないのがミソ
◎財源は特別会計の一般化と無利子非課税国債で
■「悪党」が槍を磨いて再び立つ!
◎ゴミみたいな野党がごちょごちょやってるだけ
どうにもならない民主党だが活かす方法もある
◎集団的自衛権で国民に生体反応の兆し
◎若者が中心となって抵抗勢力になれ
◎肌身離さず持っている近所のおじいさんからの手紙

Warning: json_decode() expects parameter 1 to be string, array given in /home/public_multi/libs/single-lib.php on line 305

Warning: implode(): Invalid arguments passed in /home/public_multi/main/themes/mix/aa177.php on line 40